病気の引き金となる高血圧

病気の引き金となる高血圧

高血圧はそれだけでは大きな病気とは言えませんが、高血圧がきっかけとなって派生する大きな病気は非常に多く、高血圧になるということは常に大病のリスクを抱えるということでもあるので、なるべくなら高血圧を防いで対応していきたいところですが、高血圧になると血液がドロドロになる可能性もかなり高くなります。

 

高血圧は日本国民の3人に1人と言われているくらい、たくさんの人が高血圧の人が日本国民では多く占めていますが、昔は今に比べると高血圧の人も少なく、どんどん高血圧の人が増えているという特徴があります。

 

高血圧の人が増えている理由の一つとしてよく言われるのが、食生活が昔と比べて大きく変わったことですが、一昔前までは食べる物も中々手に入らず、過剰に食べるということはほとんどありませんでした、

 

しかし、最近ではお金を払えばいつでも好きな時に好きな物を買って食べられるようになったので、必要以上に食べ過ぎてしまうことによって高血圧になる人が増えています。

 

高血圧の症状を助長しているのがドロドロ血液ですが、ドロドロ血液はサラサラ血液に比べると血管内部の血流の流れが悪いということで血管内部の至る所に圧力がかかり、かかった圧力によって高血圧の症状が進んでしまいます。

 

大病の引き金となる高血圧にならないためにも血液をサラサラにすることが大事ですが、日常生活の習慣を変えることで金銭的な負担も少なく血液をサラサラにすることができます。

関連ページ

生活習慣病の肥満
ドロドロ血液になってしまうと血液を全身に勢いよく運ぶことは難しくなり、様々な弊害がでることになります。
ドロドロ血が血栓を作る
ドロドロ血液の人で特に怖い症状が血栓と呼ばれる症状で、日本の三大死因と呼ばれる病気のうち、癌を除いた死因に血栓が関わってくるケースが多くあります。
動脈硬化と脳梗塞
血液がサラサラでないことで起こる問題の一つ「動脈硬化と脳梗塞」を説明します。
心臓への負担
血液がサラサラでないことで起こる問題の一つ「心臓への負担」を説明します。
皮膚の炎症
血液がサラサラでないことで起こる問題の一つ「皮膚の炎症」を説明します。