ウコンのポリフェノール

ウコンのポリフェノール

ウコンと言えば、お酒が好きな人にとっては馴染み深い名称だと思いますが、アルコールを摂取する前にウコンエキスを摂取しておくことで、アルコールによる腸や肝臓にかかる負担を軽減することができるのでお酒が好きな人からは人気を集めています。

 

そんなウコンですが、ウコンには血液をサラサラにする効果もあると言われており、特に秋に取れるウコンはその効果が高いと言われていますが、ウコンに含まれている様々な健康成分の中でウコンに含まれているポリフェノールの働きによる血液への効果が特に高いと言われています。

 

ポリフェノールは血液中に溶け込んだ後に、脂肪を燃焼させることによって血中の脂質の濃度を下げる働きをしてくれますが、血中の脂質濃度がドロドロ血液に大きく関わっている点から考えると血中の脂質濃度を下げるポリフェノールの働きは非常に重要だと言えます。

 

また、ポリフェノールには強い抗酸化作用があると言われているため、血液にも悪く癌のきっかけとなってしまう細胞の酸化を抑制してくれることから血液の健康と血流の流れを安定させてくれます。

 

血液がドロドロになってしまうと血管に与えるダメージが大きくなるため、血管系の病気が発症するリスクが高まってしまいます。

 

ウコンに含まれているクルクミンという成分は血管を丈夫にする働きを持っているので、クルクミンで血管を丈夫にしながらポリフェノールで血液の流れを良くして血液をサラサラにすることができます。

関連ページ

青魚に含まれるDHA・EPA
血液がサラサラになる食物と成分「青魚に含まれるDHA・EPA」を説明します。
玉ねぎと硫化アリシン
血液がサラサラになる食物と成分「玉ねぎと硫化アリシン」について説明します。
コレステロールを下げる納豆
血液がサラサラになる食物と成分「納豆」について説明します。
ヨーグルトの善玉菌
血液がサラサラになる食物と成分「ヨーグルトの善玉菌」について説明します。。
こんにゃくの食物繊維
血液がサラサラになる食物と成分「こんにゃくの食物繊維」を説明します。