コレステロールを下げる納豆

コレステロールを下げる納豆

大豆が使われている料理は体に良いことでも知られていますが、健康に対して効果的なのはもちろんのこと、ドロドロになってしまった血液をサラサラにすることでも効果的となっています。

 

大豆を発酵させたのが納豆ですが、納豆も大豆特有の健康成分を引き継いでおり、大豆に含まれている健康成分を納豆でも取り入れることができます。

 

納豆の場合は大豆から発酵する過程の中でさらに新しい健康成分を増やすため、大豆をそのまま食べるよりも納豆を食べた方が健康には良いと言われています。

 

大豆には含まれてなくて、納豆になると含まれている成分に、納豆キナーゼがありますが、納豆キナーゼはその名称からも分かるように納豆特有の成分として知られており、血栓を分解する効果があることから血液をサラサラにする効果は高いと言えます。

 

また、納豆には大豆サポニンと呼ばれる大豆特有の成分が含まれていますが、大豆サポニンは納豆にも多く含まれており、この大豆サポニンも血液をサラサラにする効果があると言われていますが、大豆サポニンには血液のコレステロールを下げる働きがあるので、血液の凝固を防ぐ効果があります。

 

納豆は以前に比べて安価になってきているので、毎日摂取するのは金銭的にも負担が少なく続けることができますが、納豆にはいろいろな種類があり、納豆の種類によっても血液サラサラにする効果差があるので、インターネットで納豆の成分や評判を調べてから納豆を選ぶことをおすすめします。

関連ページ

青魚に含まれるDHA・EPA
血液がサラサラになる食物と成分「青魚に含まれるDHA・EPA」を説明します。
玉ねぎと硫化アリシン
血液がサラサラになる食物と成分「玉ねぎと硫化アリシン」について説明します。
ヨーグルトの善玉菌
血液がサラサラになる食物と成分「ヨーグルトの善玉菌」について説明します。。
ウコンのポリフェノール
血液がサラサラになる食物と成分「ウコンのポリフェノール」を説明します。
こんにゃくの食物繊維
血液がサラサラになる食物と成分「こんにゃくの食物繊維」を説明します。