ヨーグルトの善玉菌

ヨーグルトの善玉菌

血液をサラサラにする食材として注目を浴びているのがヨーグルトですが、ヨーグルトは納豆と同じで発酵食品なので、独自の成分が含まれているのが特徴ですが、その中でもヨーグルトに含まれている乳酸菌は特に健康成分が多く含まれていることで知られています。

 

ヨーグルトは牛乳を発酵させた物なので、もともとの栄養価がたくさん含まれている牛乳の健康成分がヨーグルトには多く含まれていますが、発酵させることで善玉菌と呼ばれる体に良い働きをする菌がたくさん作られ、この善玉菌こそが血液ドロドロを解消して血液をサラサラにする効果があると言われています。

 

善玉菌の対極にある菌に悪玉菌がありますが、悪玉菌が体内に多く生息していると様々な有害物質を体内で放出することになり、この有害物質を退治するために白血球の動きが活発になりますが、この過程で血液の粘度が上がるため、ドロドロ血液を促進させてしまうというものです。

 

善玉菌は悪玉菌を減らす役割を果たすので、白血球の負担を大きく減らすことが可能となり、善玉菌がサラサラな血液を促す効果の一つと言われていますが、善玉菌には血液中のコレステロールを下げる働きも同時に行うので、血液中のドロドロした血液をサラサラにすることが期待できます。

 

また、善玉菌をたくさん摂ると体の基礎免疫力が上がることになりますが、これが細胞の活性化にも繋がり、結果として基礎代謝が増えるため、効率的にドロドロ血液の改善を図ることができます。

関連ページ

青魚に含まれるDHA・EPA
血液がサラサラになる食物と成分「青魚に含まれるDHA・EPA」を説明します。
玉ねぎと硫化アリシン
血液がサラサラになる食物と成分「玉ねぎと硫化アリシン」について説明します。
コレステロールを下げる納豆
血液がサラサラになる食物と成分「納豆」について説明します。
ウコンのポリフェノール
血液がサラサラになる食物と成分「ウコンのポリフェノール」を説明します。
こんにゃくの食物繊維
血液がサラサラになる食物と成分「こんにゃくの食物繊維」を説明します。