体温と血液ドロドロの関係

体温と血液の関係

血液がドロドロになってしまうと病気になるリスクが高まると言われていますが、血液がサラサラな状態に比べて血液がドロドロな状態は美容に対しても悪影響と言われています。

 

血液の状態が体に与える影響はかなり大きくなっていますが、血液がドロドロになるかサラサラになるかは様々な要素で決まってくるため、血液の改善を図る場合は血液がサラサラになる環境を作ることが大事です。

 

血液がドロドロになる理由の中に体温がありますが、体温が低いと血行が悪くなると言われているように、高体温の人に比べると低体温の人の方が血管内部にある血流の流れが悪いと言われていますが、血流の流れが悪いということは血液中にある様々な細胞や成分の流れが遅いと言うことでもあるので、場合によってはスムーズに流れず溜まってしまう場合があります。

 

細胞や成分が同箇所で溜まることによって血液がドロドロになるわけですが、低体温になりやすい女性で特に体温が原因でドロドロ血液になるケースが多く、冷え性の女性に多く見られますが、ここで注意が必要なのが、太っていなくても血液がドロドロになっている可能性が高いということです。

 

ドロドロ血液と言うと太っている人のイメージがありますが、男性は太っている人の方がドロドロ血液になりやすいという特徴があるものの、女性になるとドロドロ血液になる理由が体温低下によるケースが多いことから女性がサラサラ血液に改善させる場合は冷え性を治すことが大事になります。

関連ページ

食生活の乱れ
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「食生活の乱れ」を説明します。
運動不足と体力低下
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「運動不足と体力低下」について説明します。
加齢と血液ドロドロの関係
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「加齢と血液ドロドロの関係」について説明します。
タバコとアルコール
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「タバコとアルコール」について説明します。
過度のストレス
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「過度のストレス」について説明します。