加齢と血液ドロドロの関係

加齢と血液の関係

年を取ると年を取るだけ血液はドロドロになりやすいと言われていますが、若いうちは少々暴飲暴食をしても血液がドロドロになるのは一時的で、基本的にはサラサラ血液です。

 

年を取ると少々の暴飲暴食でも血液がドロドロになると血液がサラサラに戻るまでの時間も長くなり、血液の状態が元に戻らないまま次の食事を摂るため、さらに血液のドロドロ化が進んでいくことになります。

 

これが加齢による血液ドロドロ化の流れですが、年を取ると若い頃と比べて細胞の働きが鈍くなるのが普通で、細胞の働きが弱くなることで体の至る所に老化現象が見られるようになっていますが、細胞の働きが弱くなると言うことは細胞に使われるエネルギーも減るということになります。

 

若いうちはサラサラ血液の場合が多くなっていますが、これは細胞に使われるエネルギー消費量が多く、血液をドロドロにする要素として知られている脂質を効率的に分解して細胞の活性化を図っているためです。

 

そのため、若いうちはあまり血液がドロドロになることは無いのですが、年を取ると細胞の活性化にエネルギーがあまり使用されなくなるため、ドロドロ血液が改善されずサラサラな血液になりにくいというものです。

 

加齢することによって基礎代謝が落ちてしまうのは避けられない部分もありますが、運動食生活を変えることで、体の細胞を活性化させて血液に不要な成分を取り除くことができるため、年だからと諦めるのではなく生活習慣を変えてみましょう。

関連ページ

食生活の乱れ
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「食生活の乱れ」を説明します。
体温と血液ドロドロの関係
体温と血液ドロドロの関係について説明します。
運動不足と体力低下
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「運動不足と体力低下」について説明します。
タバコとアルコール
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「タバコとアルコール」について説明します。
過度のストレス
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「過度のストレス」について説明します。