運動不足と体力低下

運動不足と体力低下

食べ過ぎてしまうと血液がドロドロになりやすいと言われていますが、これは食べ過ぎることによって血液中に過剰に栄養分や脂肪分が入るためで、特に肉や揚げ物のように脂肪分が多い食べ物を過剰摂取することで血液中の脂肪分が増えると言われています。

 

定期的にスポーツをしている人や毎日ウォーキングをしている人になると同じ食生活をしていると仮定した場合に、スポーツをしていない人に比べて血液がサラサラな場合が多く、血液がサラサラかドロドロかということは食生活だけではなく運動でも変わってくることが分かります。

 

運動をすることでドロドロ血液が改善されるという話しを聞くことがありますが、これは運動をすることによって血液中に含まれている栄養分が効率よく使用されるためで、血液中の成分が効率的に使用されるとドロドロ血液になる成分もそれだけ減ると言うことなので、サラサラ血液に近くなります。

 

また、スポーツや運動を定期的にしていると基礎代謝が上がると言う話しを聞いたことがある人も少なくないと思いますが、基礎代謝とはダイエットを始める場合にも耳によくする名称で、何もしなくても体が生命維持のために使うエネルギーのことですが、基礎代謝が高いほど使用されるエネルギーが高くなっています。

 

運動やスポーツをすることで基礎代謝の値が増えると言われていますが、基礎代謝が増えるということはそれだけ栄養分が消費されるということなのでドロドロ血液の原因となる成分も少なくなります。

関連ページ

食生活の乱れ
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「食生活の乱れ」を説明します。
体温と血液ドロドロの関係
体温と血液ドロドロの関係について説明します。
加齢と血液ドロドロの関係
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「加齢と血液ドロドロの関係」について説明します。
タバコとアルコール
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「タバコとアルコール」について説明します。
過度のストレス
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「過度のストレス」について説明します。