過度のストレス

過度のストレス

現代社会においてストレスと無縁な人はほとんどいないと思いますが、昔に比べると情報化社会が進み、人との関係が気薄になったことからコミュニケーション不足になる人が増えていますが、これも起因してストレスを必要以上に抱える人が増えています。

 

ストレスを抱えるメリットは何一つありませんが、血液がサラサラか血液がドロドロかを決める大事な要素でもあり、同じ生活習慣の人でもストレスの有無によって血液の状態が大きく変わってくる場合があります。

 

ストレスを抱えると血液の中に含まれるストレス物質がさらに分泌されるようになりますが、ストレス物質は血圧の上昇を促進させ、血管内部にかかる負担を大きくするため、サラサラな血液の状態を維持できなくなってしまいます。

 

また、ストレスを抱えてしまうと食欲が無くなり睡眠不足になってしまう場合もありますが、いずれの場合も血液にとっては良くないので、ドロドロ血液を促進させてしまうきっかけとなります。

 

ストレスを抱えると血行が悪くなる場合が多くなりますが、血行が悪くなると言うことは血流の勢いが小さくなると言うことなので血液も自然とドロドロするようになります。

 

食欲や睡眠不足、血行の悪さというのは、それぞれがサラサラ血液をドロドロ血液に変える働きがありますが、ストレスを抱えるとこれらの症状がすべて出ることも考えられるので、日頃からストレスを溜めないようにして適度にストレスを発散することが大事です。

関連ページ

食生活の乱れ
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「食生活の乱れ」を説明します。
体温と血液ドロドロの関係
体温と血液ドロドロの関係について説明します。
運動不足と体力低下
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「運動不足と体力低下」について説明します。
加齢と血液ドロドロの関係
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「加齢と血液ドロドロの関係」について説明します。
タバコとアルコール
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「タバコとアルコール」について説明します。