食生活の乱れ

食生活の乱れ

サラサラな血液とドロドロな血液では病気になるリスクが違いますが、血液がドロドロになる理由には色々あるため、血液をサラサラにするためには血液がドロドロになる理由を知って、ドロドロになっている原因から改善方法を考える必要があります。

 

血液がドロドロになる理由には食生活が大きく影響していると言われていますが、食事が血液に与える影響は大きく、特に最近は食の欧米化が進んでいると言うこともあって昔に比べると血液がドロドロになりやすくなっており、血液の状態を改善して血液をサラサラにするためには食生活の改善も必須となってきます。

 

食事が血液をドロドロにする理由ですが、何の食事を摂っても血液がドロドロになるというわけではなく、特に脂質や糖分の多い食事を摂取することによって血液がドロドロになりやすいという特徴があります。

 

これは血液中の脂肪が増えてしまうためですが、脂肪が血液中に増えてしまうと血液の流れが遅くなってしまい結果的にドロドロ血液になってしまうことになります。

 

野菜や魚類を摂取しないことで血液がドロドロになるケースも多く、食べる物だけが血液の状態をわるくしているのでなく、必要な成分を摂取していないということも血液をドロドロにしてしまっている理由になっています。

 

血液をサラサラするためには食べ過ぎに注意するのはもちろんのこと、偏った食事の摂り方はやめて、血液に効果的な食材をバランスよく摂ることが大事だと言えます。

関連ページ

体温と血液ドロドロの関係
体温と血液ドロドロの関係について説明します。
運動不足と体力低下
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「運動不足と体力低下」について説明します。
加齢と血液ドロドロの関係
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「加齢と血液ドロドロの関係」について説明します。
タバコとアルコール
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「タバコとアルコール」について説明します。
過度のストレス
血液がドロドロになってしまう理由の一つ「過度のストレス」について説明します。