血液の基本知識

血液の基本知識記事一覧

血液がドロドロになる理由にはいろいろありますが、血液の主成分とも言える赤血球も血液の状態に関連していて、血液をサラサラにするためにも赤血球の状態を知ると言うことは大事と言えます。血液がサラサラになるかドロドロになるかは、赤血球の変形能力の高さが関係していると言われていますが、赤血球の寿命は短く寿命が長いものでも4~5カ月が寿命となっていて、これは細胞が常に新しい状態を維持するために作り替えられてい...

人間は様々なウイルスや有害物質を口から取り入れていますが、たくさん体内にウイルスや有害物質を取り入れてもすぐに体調を崩さないのは、血液中に含まれている白血球のおかげですが、白血球にはウイルスと闘ってウイルスを追い出すことやウイルスを弱めることができることから白血球は人間にとって必要不可欠な細胞と言えます。白血球は外部から侵入してくるウイルスや有害物質だけではなく、がん細胞や体内で発生した悪玉菌など...

人間は怪我や皮膚に傷ができると血液が流れる作りとなっていますが、一度流れ出して血液は自然に止まる場合が多く、自然に血液が止まってくれるおかげで命に関わるような状態にならなくて済んでいるのです。血液が自然に止まってくれているのは血液中に含まれている血小板と呼ばれる細胞のおかげで、この血小板もサラサラの血液を保つためには必要不可欠な細胞となっています。血小板は不要に流れる血液を止める働きをするのですが...

血液がドロドロになると高血圧のリスクが高まり、血液がサラサラになると高血圧のリスクが低減されると言われているように、血圧と血液の状態には大きな因果関係があります。もともとドロドロ血液やサラサラ血液と呼ばれる名称は血圧の病気がきっかけで呼ばれるようになりましたが、血圧が高くなると様々な病気を引き起こす引金となるため血圧の状態を知るということは大事なことです。血圧というのは、血流が血管の壁に与える圧力...

血液がドロドロになってしまうと様々な病気リスクを抱えるようになるため、できればドロドロの血液ではなくサラサラの血液を維持したいものですが、自分がどのような血液の状態かを知る際に血液検査で結果が表示されるヘモグロビンの数値を見るとよく分かります。ヘモグロビンと呼ばれるのは、いわゆる血液の色を出している細胞ですが、ヘモグロビンは血液を赤色にしているだけではなく、酸素と細胞を結びつかすことによって全身に...

血液がサラサラか血液がドロドロかで変わってくるのが血管の状態ですが、ドロドロ血液になってしまうと当然ながら血管も粘り気を増してしまうことになり、血液の流れが悪くなることで様々な病気を発症してしまうリスクもあります。サラサラ血液の状態だとスムーズに血管内を血液が通ることから血管が詰まる可能性も低く、病気を発症するリスクがそれだけ少なくなります。血管は小さい血管から大きい血管まで様々な大きさの血管が体...