止血効果の血小板

止血効果の血小板

人間は怪我や皮膚に傷ができると血液が流れる作りとなっていますが、一度流れ出して血液は自然に止まる場合が多く、自然に血液が止まってくれるおかげで命に関わるような状態にならなくて済んでいるのです。

 

血液が自然に止まってくれているのは血液中に含まれている血小板と呼ばれる細胞のおかげで、この血小板もサラサラの血液を保つためには必要不可欠な細胞となっています。

 

血小板は不要に流れる血液を止める働きをするのですが、血小板は血液が流れる血管の中にできた傷を塞いで血を止める役割を果たしているため、通常時と比べると血液中に不要な物質が多く存在しているということになります。

 

ケガをして血を止めている間に増えすぎた血小板によって血液の循環が悪くなり、サラサラの血液からドロドロの血液に変わってしまうことがあります。

 

血小板の自然の働きのせいでドロドロの血液になるので仕方ない部分もありますが、もともとサラサラな血液ならあまり問題も無いのですが、もともとドロドロの血の状態で怪我をして血小板が増えてしまうような状態になれば病気に繋がるような欠陥状態になってしまう可能性があります。

 

そのような状態にならないためにも日頃から血液をサラサラにしておくことが大事だと言えますが、もしケガがひどい場合は血液がドロドロになる脂質の多い食事を摂取するのをなるべく控えて血液がサラサラになる食材を中心に摂取してできるだけ血液がドロドロにならないようにしましょう。

関連ページ

血液成分で多くを占める赤血球
血液成分で多くを占める赤血球について説明します。
戦う白血球
白血球に働きについて説明します。
病気とも関係が深い血圧
血圧の影響について説明します。
栄養運搬のヘモグロビン
ヘモグロビンの働きについて説明します。
血液の通る血管
血液の様態と血管の状態の関係について説明します。