定期健診を受ける

定期健診を受ける

自分がサラサラ血液かドロドロ血液かというのは自覚症状も少ないことから知ることは困難ですが、生活習慣病の疑いがある人のほとんどはドロドロ血液になっているので定期的に定期健診を受けて血液の状態を知ることが大事です。

 

ちなみに血液がドロドロになる人は肥満症の人がなりやすいというイメージがあるため、太っていない人は自分がドロドロ血液だと自覚が無い場合が多くなっていますが、実際には太っていない健康体の人でもドロドロ血液である場合が多くなっています。

 

特に健康に気を使っている人になると自分は健康に気を付けているから、ドロドロ血液なはずが無いと思い込んでしまいドロドロ血液が発覚するまでにかなり時間が掛かる場合があります。

 

これがドロドロ血液の怖いところでもありますが、定期健診でいつも再検査が必要になるような少し不健康な人の方が強制的に定期健診を受ける機会が増えるため、自分の血液の状態の移り変わりを知ることができるので、大きな病気に発展するケースは意外にも健康で定期健診を受けていない人よりも少なくなっています。

 

ドロドロ血液が肥満というイメージはドロドロになる理由が脂質の多さが関係していることが理由として挙げられると思いますが、血液がドロドロになる原因は単に脂質の多さだけではありません。

 

血管内の細胞の状態や血管の状態も大きく関連しているため、サラサラ血液を維持するためには健康な人でも定期的に健康診断を受けて血液の状態を把握することが大事です。

関連ページ

サプリメントを使用する
血液をサラサラにするための工夫の一つ「サプリメントを使用する」について説明します。
血流の流れを良くする
血液をサラサラにするための工夫の一つ「血流の流れを良くする」について説明します。
運動習慣をつける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「運動習慣をつける」があります。
水分摂取を心がける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「水分摂取を心がける」があります。
食生活の見直し
血液をサラサラにするための工夫のひとつ「食生活の見直し」について説明します。