血流の流れを良くする

血流の流れを良くする

血液がサラサラな状態と言うのは、血液が順調に血管内を通っているということですが、これは言い換えれば血流の流れが良いということで、血流の流れを良くすることが結果的にサラサラな血液を作ることに繋がるため、ドロドロ血液で悩んでいる場合は血行を良くすることから考えましょう。

 

血行を良くするために効果的なのがお風呂ですが、お風呂に入ると体温が上昇するようになりますが、体温が上昇するということは血管が膨張するということでもあるので、血液が通りやすい道ができることになります。

 

血液が通りやすい道ができるということは詰まっていた血液があった場合に血管の膨張によって詰まっていた血液が拡散されることも期待できますが、血行が良くなると言うことは体の細部にまで栄養が届きやすくなることにもなるので、肩こりや頭痛など血行不良が原因で痛みが出ていた部分の改善効果も期待できます。

 

ただし、暑すぎるお湯になると血管の膨張率が高くなってしまい、血管に大きな負担を与えることになるので、血行を促進させるためにお風呂に入る場合は少しぬるく感じる温度のお湯に時間をかけて入ることをおすすめします。

 

食事によるドロドロ血液改善と違って、お風呂によるドロドロ血液改善は毎日お風呂に入るだけで良いので続けやすいというメリットがありますが、冬場は温かいお風呂場の室内から冷たい脱衣所に移った瞬間に血液の収縮が始まり血管が詰まるリスクが高まるので注意が必要です。

関連ページ

サプリメントを使用する
血液をサラサラにするための工夫の一つ「サプリメントを使用する」について説明します。
定期健診を受ける
血液をサラサラにするための工夫の一つに「定期健診を受ける」ことがあります。
運動習慣をつける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「運動習慣をつける」があります。
水分摂取を心がける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「水分摂取を心がける」があります。
食生活の見直し
血液をサラサラにするための工夫のひとつ「食生活の見直し」について説明します。