運動習慣をつける

運動習慣をつける

運動不足と血液の状態は大きな関連性があると言われていますが、ドロドロになった血液をサラサラな血液にするためには運動が欠かせないと言われているので、食事や生活習慣を変えるだけではなく運動習慣をつけることも考えましょう。

 

運動不足と血液の状態は直接的な関連性はありませんが、運動不足になると新陳代謝が下がることになり、下がった新陳代謝によって何もしなくても消費されるエネルギーが低下することに繋がってしまうので本来エネルギーとして消費されるはずだった脂質や糖質が血液中に残ってしまうことになります。

 

そのため、太っていなくても運動不足になるだけで血液がドロドロになりやすくなるため、血液の状態を改善させるためにも運動は必要ですが、運動量が増えてくると心臓への負担が大きく、運動量が多ければ良いというものではないので注意が必要です。

 

基本的に運動量として望ましいのが毎日の30分程度のウォーキングですが、ウォーキングをするだけでも基礎代謝の向上が期待できるため、毎日続けられる範囲で運動を始めていくとよいでしょう。

 

運動不足が進んでいる状態だと30分のウォーキングでも体に与える影響は大きくなるため、無理をしない範囲で始めることが大事です。

 

また、運動をすると汗を書きますが、水分が不足すると血液中にある水分量も減ることに繋がり、水分量が減ることによって血液中の粘度が高くなり、最終的にドロドロ血液になることがあるので水分補強はこまめに行う必要があります。

関連ページ

サプリメントを使用する
血液をサラサラにするための工夫の一つ「サプリメントを使用する」について説明します。
血流の流れを良くする
血液をサラサラにするための工夫の一つ「血流の流れを良くする」について説明します。
定期健診を受ける
血液をサラサラにするための工夫の一つに「定期健診を受ける」ことがあります。
水分摂取を心がける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「水分摂取を心がける」があります。
食生活の見直し
血液をサラサラにするための工夫のひとつ「食生活の見直し」について説明します。