食生活の見直し

食生活の見直し

昔に比べるとサラサラ血液の人よりもドロドロ血液の人の割合が増えていると言われていますが、これは日本における食の文化が大きく変わったことが理由と言われています。

 

特に食の欧米化が進んだことによって糖質や脂質が多く含まれる食事を好む人が増えたことで血液中の脂質や糖質が多くなる人が増加したことが、ドロドロ血液の割合が増えた起因になっていると言われています。

 

水分を多く摂取して血液中の水分濃度を上げることがサラサラ血液にするために効果的だと言われていますが、せっかく水分を多く摂っても脂質や糖質の割合が増加するようであれば血液中の水分とその他の成分の割合に変化が無いため血液をサラサラにすることは困難です。

 

血液中に無駄な成分が含まれることを防ぐことが、サラサラ血液を作るための基本と言われているので、血液中に無駄な成分が含まれないように食事をコントロールすることが大事で、特に脂質や糖質は血液中の粘度を上げるため、脂質や糖質が多い食事を減らすことが大事です。

 

また、脂質が多い食事でも魚のように脂質の吸収を抑える食事を摂る場合は脂質が多少多くても問題ありませんが、脂質を全く摂らないと体の元気が無くなるため、脂質を摂る場合は青魚を中心に摂ると効果的です。

 

油をたくさん使った食事もできるだけ避けた方が良いですが、油にもいろいろな種類の油があるため、油を使った食事をする場合はできるだけカロリーの少ない油を使用するようにしましょう。

関連ページ

サプリメントを使用する
血液をサラサラにするための工夫の一つ「サプリメントを使用する」について説明します。
血流の流れを良くする
血液をサラサラにするための工夫の一つ「血流の流れを良くする」について説明します。
定期健診を受ける
血液をサラサラにするための工夫の一つに「定期健診を受ける」ことがあります。
運動習慣をつける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「運動習慣をつける」があります。
水分摂取を心がける
血液をサラサラにするための工夫のひとつに「水分摂取を心がける」があります。