お味噌汁

お味噌汁

味噌は大豆から作られる調味料です。1日3食お味噌汁を飲む習慣は現代の日本ではなくなってしまいました。

 

又高血圧症の方にとってはお味噌に含まれる塩分が気になる所ですが、1日2杯飲む人と3杯飲む人とでの血圧の値の差はないという実験データもあります。

 

実はお味噌には中性脂肪を下げるだけではなく糖尿病予防などの生活習慣病を予防に役立つ成分が多く含まれているのです。

 

利尿作用もありますので、体内にたまった水分と共に塩分も排出されますので血圧の上昇がしにくくなるのではないでしょうか。また血管を広げて血液をサラサラにしますので心臓への負担も心配ありません。

 

お味噌汁を1日3食飲むと空腹時の血糖値が上昇しにくくなりますので、特に糖尿病予防としておススメしたいです。

 

お味噌汁は他の食品を摂取するのと違い毎日の食事にとても取り入れやすいものですね。中性脂肪を下げる効果のある玉ねぎやワカメお豆腐を具材にして毎日の食事に出来るだけ飲んでいきたいですね。

 

血圧が気になる方にもおすすめですが、お味噌の塩分量は低めのものを使用するのが良いでしょう。濃いめが好きな方は飲む量を減らすなどと調整してみてくださいね。

 

関連ページ

青魚
青魚の血液サラサラ効果について説明します。
くるみ(ナッツ類)
くるみ(ナッツ類)の血液サラサラ効果について説明します。
たまねぎ
たまねぎの血液サラサラ効果について説明します。
オメガ3オイル
オメガ3オイルの血液サラサラ効果について説明します。
わかめ(海藻類)
わかめ(海藻類)の血液サラサラ効果について説明します。
大豆食品
大豆食品の血液サラサラ効果について説明します。