くるみ(ナッツ類)

くるみ(ナッツ類)

 

ナッツ類のくるみは必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)が豊富に含まれていますので中性脂肪を下げる働きがあります。

 

これは青魚に多く含まれているEPAやDHAと同じく血液をサラサラにして動脈硬化等の予防効果があるのです。

 

くるみは古くから欧米では親しまれてきた食品ですが、日本でもメディアで紹介されるようになり健康や美容食として話題になるようになりました。

 

ナッツ類は高カロリーですのでダイエットを気にする女性にとっては今まで避けられていた食品ですが実際はダイエット効果がある美容食です。

 

くるみは中性脂肪を下げるだけではなく、高血圧や肥満症、糖尿病、心臓病を防ぐ効果もあり。がん予防になもなるようです。

 

健康食であるクルミですが高カロリーですので、食べ過ぎには注意してください。1日の摂取目安としては28グラムです。軽くつまむ程度が適量になります。

 

お腹がすいた時のおやつ代わりにも良いでしょう。

 

体型維持が必要なスーパーモデルの方も美容食として取り入れているのだとか!塩分無添加のくるみも多く販売されていますので、塩分のとり過ぎはさまざまな病気につながりますので無添加の物がおススメできます。

 

 

 

関連ページ

青魚
青魚の血液サラサラ効果について説明します。
たまねぎ
たまねぎの血液サラサラ効果について説明します。
オメガ3オイル
オメガ3オイルの血液サラサラ効果について説明します。
わかめ(海藻類)
わかめ(海藻類)の血液サラサラ効果について説明します。
大豆食品
大豆食品の血液サラサラ効果について説明します。
お味噌汁
お味噌汁の血液サラサラ効果について説明します。