青魚

青魚

 

青魚は血液をサラサラにする成分(DHA・EPA)が豊富に含まれていますので中性脂肪を下げる効果があります。

 

EPAはエイコサペンタエン酸でDHAはドコサヘキサエン酸とと言いDHAとEPAは多価不飽和酸と言われているものの1種になり、善玉コレステロールを増やして、中性脂肪を下げて悪玉のコレステロールを減らす働きをしてくれます。

 

青魚の中でも特にアジやイワシ、サバやサンマと日本の食卓にお馴染なお魚に多く含まれていますので毎日の食事に積極的に取り入れていきたいですね。DHA・EPAは熱に弱いという特徴がありますので調理方法を気をつける必要があります。

 

お刺身で食べるのが理想ですが、青魚は鮮度が落ちやすいのでサバやサンマ、イワシをお刺身で食べるのは難しいですね。

 

熱によりDHA・EPAは減少しますが、煮魚で20%焼き魚で20%の減少程度ですので気にしないで良いでしょう。

 

しかし揚げ物の場合は50%も減少してしまいますので避けた方がよいでしょう。干物も鮮魚と同等のDHA・EPAが含まれています。

 

缶詰のお魚もDHA・EPAの量は変わらないですので調理をする手間をはぶけて良いのですが、塩分が強めの商品が多いですので注意してくださいね。

 

DHAはEPAの効果は中性脂肪を下げるだけではなく、さまざまな病気の予防にもなりますので、毎日の献立の中で出来るだけ青魚を取るようにすると良いと思います。

 

関連ページ

くるみ(ナッツ類)
くるみ(ナッツ類)の血液サラサラ効果について説明します。
たまねぎ
たまねぎの血液サラサラ効果について説明します。
オメガ3オイル
オメガ3オイルの血液サラサラ効果について説明します。
わかめ(海藻類)
わかめ(海藻類)の血液サラサラ効果について説明します。
大豆食品
大豆食品の血液サラサラ効果について説明します。
お味噌汁
お味噌汁の血液サラサラ効果について説明します。